事故を起こしたら、まず保険会社に連絡するんじゃないの?

事故を起こしたら、まず保険会社に連絡するんじゃないの?

1. 119番 救急車の手配

119番 救急車の手配

加害者・被害者を問わず、負傷者がいた場合はすみやかに救護してください。
負傷者が軽傷なら安全なところに非難してもらい、重傷の場合は動かさず救急車の手配をしてください。

2. 110番 警察へ届け出

110番 警察へ届け出

交通事故直後は、興奮状態から痛みを感じなくても、後々症状が出てくることが多々あります。自己判断はせず、軽い事故でも必ず警察に電話しましょう。また、警察への届出を怠ると、保険会社に保険金(自賠責保険・任意保険)を請求する際に必要となる「交通事故証明書」が発行されません。

3. 事故状況を記録

事故状況を記録

相手の氏名・住所・電話番号・車のナンバーをしっかり確認し、事故の状況は写真に撮っておきましょう。できれば目撃者の氏名と連絡先も聞いておきましょう。

4. 自分の保険会社に連絡

自分の保険会社に連絡

ご自身が加入している保険会社に事故の報告をしてください。その場での示談は禁物です。搭乗者傷害保険にも加入している場合は、同乗者も医療補償の請求ができます。

5. 治療へ

治療へ

外傷がなくても当日中に必ず病院(整形外科)か整骨院・接骨院を受診しましょう(当日中が無理な場合でも、事故後2週間以内には来院されることをおすすめします)

こいずみ鍼灸整骨院でも交通事故治療を行っております。お電話いただくか、お近くの店舗まで直接ご来院ください。

確認させていただくこと

  1. お取扱い保険会社の連絡先(担当者名)
  2. (病院で医師の診断を受けた方は)診断名
0120384567

※各店舗のアクセスマップ・診療時間はこちら >
※日本橋と肥後橋は、夜23:00まで受付可能です

0120-38-4567

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る