妊娠中に交通事故にあわれた方へ

妊婦

妊娠中に交通事故にあい、むち打ちや腰痛などの症状に悩んでいる妊婦さんは多くいらっしゃいます。
妊娠中の体は非常にデリケートなため慎重な治療が必要であり、母体への影響を考えると湿布薬や投薬などの処方や電気を使う治療などができません。そのため、かかりつけの病院や整形外科では「様子を見てみましょう。」と言われてしまい、満足な治療を受けられず症状を我慢せざる得ない場合もあると思います。しかし、そのまま放っておいても症状は良くなりませんし、何よりも妊婦さんのお体は赤ちゃんの命を育む大切な場所です。整骨院・接骨院では「柔道整復師」という国家資格を有した先生による、手技を中心とした母体や胎児に影響のない施術を受けることができます。病院との同時併療も可能ですので、痛みや不安な気持ちを我慢してストレスが溜まってしまう前に、ぜひ一度お悩みを相談してみてください。そして、無事ご出産された後に改めて通院し後遺症が残らないようしっかり治療されることをおすすめいたします。

このようなお悩みがある場合は、ご相談ください

  • お腹の赤ちゃんへの影響が心配
  • かかりつけの病院や整形外科に相談したが、妊婦の交通事故治療に前向きではない
  • 病院や整形外科への通院は2週間に1回程度。もっと通院して早く治したい
  • 痛みに加え頭痛や吐き気、だるさといった症状が続いており、良くなる気配が無い
  • つわりによる吐き気か、事故の影響による吐き気かの判断がつかない
  • 妊娠中なので薬が飲めず湿布も貼れないが、痛みを我慢するのがつらい

整骨院・接骨院で治療をお受けになる前に

  • まずは、病院や整形外科で精密検査を受けてください。
  • 現在通院されている産婦人科にも報告してください。
  • 整骨院・接骨院で治療を受ける旨を保険会社に連絡してください。(当院では代行させていただくことも可能です)

慰謝料について
自賠責保険における慰謝料は1日あたり一律4,200円が支払われますが(対象日数は治療期間範囲内で決定)、妊婦が胎児を流産または死産した場合は別途慰謝料が認められます。

お母さん自身のためにも、お腹の赤ちゃんのためにも、早めの治療をお受けください。

0120-38-4567

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る